トップページ > 造本装幀コンクール
造本装幀コンクール

造本装幀コンクール 概要

 本コンクールは、造本装幀にたずさわる人々(出版、印刷、製本、装幀、デザイン)の成果を総合的に評価する出版業界で唯一のコンクールです。
 同コンクールは「美しい本」づくりをめざす意欲を高め、広く内外にわが国の造本装幀技術の素晴らしさを紹介し、また読書推進をはかり、ひいては出版文化産業の発展を促すことを目的とします。
 入賞作品は、ドイツ・ライプチヒで開催される世界でもっとも美しい本コンクールに日本を代表して出品され、数多くの作品が入賞しています。
 また、第47回から、応募作品のうちご寄贈いただけたものは、国立国会図書館の原装保存コレクションとして保存されることとなりました。


各 賞

【三賞】
文部科学大臣賞(1点)
  造本上美しく、装幀・デザインおよび内容等総合的に優秀と認められ、将来に示唆を与えるもので、文部科学大臣賞にふさわしいもの。
経済産業大臣賞(1点)
  造本装幀について印刷・製本技術および材料の選択等優秀と認められ、本としての機能を発揮し、全体的に調和のとれたもので、経済産業大臣賞にふさわしいもの
東京都知事賞(1点)
  造本装幀、創造性等優秀と認められ、社会教育および出版文化の発展向上に寄与するもので、東京都知事賞にふさわしいもの。


【審査員奨励賞】
審査員奨励賞(3点以内)
  技術や表現に新しい試みや工夫が施され、今後の展開が期待されるなど、審査員が得に推奨する作品。若い装幀家を育成することを目的とする。

【主催団体賞】
日本書籍出版協会理事長賞(6点)
  三賞に準じ、企画・編集も含め、各部門で最も優れたもの。
日本印刷産業連合会会長賞(6点)
  特に印刷・製版・製本・加工技術に優れ、しかも全体的に調和のとれたもの。

【後援団体賞】(各1点)
日本図書館協会賞
読書推進運動協議会賞
出版文化国際交流会賞
出版文化産業振興財団賞
  以上4賞は、総合的に優れたもので、各団体の性格にふさわしいもの。


選考条件

 出版社、デザイナー、印刷会社、製本会社の協力の下で制作された、造本技術・装幀デザインが優秀な本で、特に次の条件を備えているものとします。
● 造本目的と実用性との調和がとれており、美しくかつ本としての機能を発揮しているもの。
● 編集技術ならびに表紙、カバー、本文デザインが創造性に富み、将来に示唆を与えると認 められるもの。
●印刷・製本技術がとくに優れているもの。
● 材料の選択がとくに優れているもの。

主催・後援

主催:一般社団法人 日本書籍出版協会/一般社団法人 日本印刷産業連合会
後援(予定):
文部科学省、経済産業省、東京都
(公社)日本図書館協会、(公社)読書推進運動協議会
(一社)出版文化国際交流会、(一財)出版文化産業振興財団

このページの先頭へ

Get Adobe ReaderPDFファイルを読むには Adobe Acrobat Reader が必要です。
Adobe Acrobat Reader は、こちらから無償でダウンロードできます。

このページの先頭へ